障害者の割引・控除・支援制度ガイド | 障害者手帳や支援内容を解説

障害者の割引・控除・支援制度ガイド | 障害者手帳や支援内容を解説

障害者手帳を持っている場合の割引・控除

障害者手帳を持っている障害者の方々は、税金やさまざまなサービス、入場料などで割引を受けることができます。

 

その割引される額の範囲は、その障害の度合いによっても異なりますが、障害者手帳を持っているだけでも受けれる割引というのもあります。

 

障害者手帳をお持ちの方が、どういった割引・控除を受けれるのかについて、簡単に概要をご紹介していきます。

 

税金

税金面では、特に関係するのが所得税や住民税です。これらの税は所得をベースに計算されますが、そのときに障害者の方々は控除額が健常者の方よりも多いのです。

 

そのため、健常者の方々よりも、納める所得税・住民税の額が少なくなります。

 

また、自動車税についても控除があります。

 

各種交通機関

交通機関の割引は、地域や運営会社によっても変わりますが、バス、電車、地下鉄、飛行機等、大抵の交通機関で障害者割引を実施しています。

 

その他、お住まいの地域ごとに障害者を対象とした公共交通機関の援助を行っている場合もあります。

 

また、高速道路の通行料にも割引があります。

 

施設入場料

美術館・博物館、水族館、遊園地などのレジャー施設の入場料も、障害者手帳をお持ちの方だと割引になるところが多く存在します。

 

同伴者1名まで割引が適用されたり、入場料が無料になるというところもあります。

 

詳細は、行かれる施設のウェブサイトや現地で確認してみましょう。施設により割引の内容は異なります。

 

その他

その他、タクシーは全国1割引きだったり、他にも障害者手帳を提示するだけで、割引があるものが存在します。

 

上記の割引などは、障害の程度などによっても範囲が異なります。割引を使用する場合には、その施設や担当窓口に詳細の確認をするようにしましょう。

スポンサーリンク