障害者の雇用

障害者の雇用

障害者の雇用について

障害者の雇用についての記事一覧になります。

障害者の雇用記事一覧

障害者の雇用保険

障害者の方でも、一般の方と同じように雇用保険に加入して毎月保険料を納めて、一定の要件を満たしていれば、退職時・失職時に雇用保険受給の申請をすることになります。ただし、その内容については健常者の方よりも優遇されています。ここでは、障害者の方の雇用保険についてご説明していきましょう。基本の考え方は通常の...

≫続きを読む

障害者の雇用保険給付日数について

障害者の雇用保険受給についてのルールは、健常者の方のそれとは異なる点が多々あります。その中でも一番大きな違いはその給付日数でしょう。ここでは、障害者の雇用保険受給日数について、詳しく説明していきましょう。障害者の雇用保険給付日数一般の自己都合離職者の場合、10年未満までは給付日数が90日です。10年...

≫続きを読む

障害者の雇用保険受給資格

障害者の雇用保険受給については、給付日数や就職活動の回数など異なる点もあるのですが、その受給資格については、基本的に一般の方と同様の規定が適用されます。ただし、障害者だからこそ気にしておくべき点もあるので、確実に雇用保険を受給するために、失業時には事前に雇用保険について調べておきましょう。ここでは、...

≫続きを読む

企業の障害者雇用率

企業には一定数障害者を雇用する義務があるというのはご存知でしょうか。数年前に、この障害者の法定雇用率が2.0%に引き上げられました。ここでは、この障害者雇用率についてご紹介していきましょう。障害者の法定雇用率について平成27年現在、障害者の法定雇用率は、一般の民間企業で2.0%、特殊法人等・国、地方...

≫続きを読む

障害者の就職時のデメリット

障害者の方が就職活動をする際には、「障害者枠」という求人枠があります。これは、障害者手帳をお持ちの方しか応募ができない求人です。しかし、障害者の方であっても本人が希望するのであれば、一般の求人にも応募ができます。ここでは、障害者の方が就職活動をするとき、そして実際に就職をする際にどういったデメリット...

≫続きを読む

スポンサーリンク