バスの障害者割引

バスの障害者割引

バスの障害者割引

障害者割引で一番障害者の方々に身近な交通機関というと、バスかもしれません。なぜなら、バスの障害者割引は、近距離の場合でも長距離の場合でも、制度として存在していることが多いからです。

 

ここでは、バスの障害者割引運賃についてご紹介しましょう。

 

近距離路線バス

近距離の路線バスについては、その地域ごとにバス会社が存在しているので、全ての会社で割引制度があるかどうかは定かではありません。殆どの会社で、身体障害者手帳、または知的障害者療育手帳を提示することで、半額の割引を受けることが可能です。
第1種の場合は介護者1名にも割引が適用されます。定期券にも割引があります。

 

ICカードでの支払いについても、割引料金が適用されますが、その際は事前に手帳を見せる必要があります。若しくは、その地域限定で障害者用のICカードを発行しているバス会社もあるでしょう。

 

長距離高速バス

長距離の高速バスの場合でも、障害者割引があります。あまり運賃欄に明確に記載していないバス会社もありますが、殆どのバス会社で障害者割引制度を行っていますので、ウェブサイトなどで詳細が不明な場合は問い合わせ窓口に確認してみましょう。

 

半額であるか、障害者用の特別な運賃を設定しているかはバス会社により異なります。また、同じバス会社であっても、路線により異なる場合もありますので、割引の詳細については、各社のウェブサイト、若しくは問い合わせ窓口に確認をするようにしましょう。

 

その他

近距離の路線バスについては、地方自治体が独自に障害者の方を対象に運賃の補助の制度を設けている場合もあります。これについては、各地方自治体で確認ができます。路線バスが無料になる場合もあるでしょう。

スポンサーリンク