なぜ障害者には割引制度があるのか

なぜ障害者には割引制度があるのか

なぜ障害者には割引制度があるのか

障害者が身近にいない方々は、なぜさまざまな障害者割引サービスや、税金の控除などがあるのか疑問に思うこともあるかもしれません。

 

ここでは、そういった疑問を少しでも解消できるように、障害者の方々がどのような生活を強いられているかなどをご説明していきます。

 

なぜ障害者割引が存在するのか

障害の種類にも勿論よりますが、重度の方となると仕事をすることができない、若しくは、仕事をしたとしてもパートのようなものだったり、賃金が少ないということはよくあることです。

 

こういった方々は、仕事をしたくないというわけではなく、障害によりそういった生活を余儀なくされています。

 

また、健常者の方々とは違い、さまざまなことに正規料金を払っていると、積み重なって高額になってしまうという問題もあります。収入は少ないのに、出費は多いというのでは、暮らしていくことが困難です。

 

そういった面をカバーするために、税金が安くなったり、移動手段の割引があるのです。

 

また、博物館や遊園地などにも障害者割引があることを疑問に思う方もいるでしょう。これらも、金銭面的なものをカバーするためという目的に行われています。

 

健常者の方への注意点

こういった障害者割引制度を利用している、一見元気そうな障害者の方をみると、ずるいと思ってしまうかもしれません。

 

ですが、こういった障害には目に見えないものもあります。例えば、身体障害者の方なら、内部障害といって体の中、つまり心臓などの内臓に関する障害のある方は、一見健常者のように見えます。身体能力には問題のない事が多いですから、普通に歩けますし、パッと見元気に見えるでしょう。

 

ですが、そういった方が重度障害者であるという可能性もあるのです。そういった方々の日々の苦労は、その一瞬だけでは計り知れません。

 

また、確かに障害の程度があまりひどくない方にも適用される割引もありますが、全てがそうだというわけではありません。

 

健常者の方々は、障害者の方々の見た目だけで判断して「ずるい」と言ってしまわないことも重要です。

スポンサーリンク