タクシーの障害者割引

タクシーの障害者割引

タクシーの障害者割引

タクシーにはタクシー会社に関わらず、全国で障害者割引が存在しています。

 

また、地方自治体が独自に行っている割引制度もあります。

 

ここでは、タクシーの障害者割引についてご紹介していきましょう。

 

タクシーの障害者割引

タクシーの割引は、自治体ごとに行われています。しかし、その都道府県に住んでいなくても、旅行先や帰郷時に受けられる割引もあります。

 

これが全国区で存在している障害者割引で、身体障害者、知的障害者の方々は手帳を提示することで、タクシーの運賃が1割引となります。

 

ただし、タクシーの割引が自治体ごとで行っている割引ですので、いつもと違う場所でタクシーを使用する際には、1度その自治体のタクシー割引について調べておくと安心でしょう。

 

自治体ごとの独自の割引サービス

前述でご紹介した割引サービスの他にも、タクシーの割引は存在します。

 

これは自治体ごとで大きく異なるため、自分のお住まいのタクシーの割引制度を調べてみましょう。

 

大体、タクシー券という形で配布されることが多いでしょう。無料になるというわけではなく、運賃の一部を補助するような形が主流なようです。

 

また、これが配布される対象障害者が限られていたり、障害の程度により補助される額が違うこともあります。

 

多いのは、1度の乗車につき500円程度を補助するというものです。それが1ヶ月あたり4枚で、合計48枚(1年間分)年度の頭に対象者に配布されるというケースが多いでしょう。

 

また、1000円毎につき300円の券が使えるという自治体もあります。

 

こちらの割引については、本当に自治体毎に制度はさまざまなので、一概にこうだとまとめることができないのですが、こういった福祉サービスがあることは知っておきましょう。

スポンサーリンク