障害者年金とその種類

障害者年金とその種類

障害者年金とその種類

障害者年金という制度があるのはご存知でしょうか。これは、全ての障害者の方がもらえるものではありませんが、重度の障害があって、仕事ができない方には有り難い制度となっています。

 

ここでは、障害者年金についてご説明していきましょう。

 

障害者年金の種類

障害者年金には、障害基礎年金というものと、障害厚生年金、障害共済年金というものが存在します。

 

基礎年金は、その障害の初診日に国民年金に加入していた方や、20歳未満のときのケガや病気によって障害のある方について支払われる年金です。

 

障害厚生年金とは、初診日において厚生年金の被保険者であった場合に支払われる年金で、障害共済年金は、初診日に共済組合の組合員であったことが条件となります。

 

また、年金の納付期間についても条件があります。(ただし、20歳未満の方には納付の有無は問われません。)

 

障害者年金の等級について

等級は、1級から3級まであります。障害の種類により、詳細に認定基準が設けられていますが、取り敢えずは下記のような感じだと思って頂いて構いません。

 

1級が一番重度な方で、目安としては他人の介助がなければ、生活ができないようなレベルの障害のある方となります。意識はあっても寝たきりだったり、活動範囲が殆どベッドや布団の上といった場合には1級になるでしょう。当然、年金額も一番多くなります。

 

2級は、家の中での生活は1人でも出来るものの、労働により収入を得ることができない程度の障害がある場合となります。1人では外出がままならない方なんかは、2級になるでしょう。

 

3級は、労働は可能なものの、著しく制限する必要がある程度の障害のある方が対象となります。

 

ただし、障害基礎年金の場合は2級までとなります。

 

障害者の年金の受給額については、今までの年金納付額によっても変わります。そのため、ここではご紹介することができませんが、当然等級が高くなればなるほど、年金の累計納付額が多ければ多いほど、受給額が多くなります。

スポンサーリンク