障害者の就職時のデメリット

障害者の就職時のデメリット

障害者の就職時のデメリット

障害者の方が就職活動をする際には、「障害者枠」という求人枠があります。これは、障害者手帳をお持ちの方しか応募ができない求人です。

 

しかし、障害者の方であっても本人が希望するのであれば、一般の求人にも応募ができます。

 

ここでは、障害者の方が就職活動をするとき、そして実際に就職をする際にどういったデメリットがあるかについてご説明していきましょう。

 

障害者の就職活動

障害者の方が就職活動をする場合、障害者枠を検討されることが多いでしょう。この障害者枠は、通院用の休みが取りやすかったり、企業が障害者を雇うことになれていたり、ハードな仕事が少ないという利点があります。こういった点は、企業により異なりますが、一般の求人よりはそういった点に配慮があるものだと思っていただいて構いません。

 

ただし、この障害者枠は正社員での募集がとても少なく、正社員での就職を目指す場合は、競争率も高くなります。契約社員として採用の場合でも、一定期間後正社員登用のある会社もありますから、正社員を目指す方でも、契約社員のものまで内容をチェックする必要があります。

 

この障害者枠は、仕事内容が限定されていたりするため、例え同じ会社の求人であっても一般の求人よりも月収が少ないことが多いので、その点もデメリットだと言えるでしょう。

 

また、一般枠で求職活動をする場合には、障害をオープンにするべきかどうかという問題もあります。一般枠で障害をオープンにしてしまうと採用時に不利になるというのは、残念ながら現実です。障害については言う義務はありませんが、何か特別に配慮が必要な方はやはりオープンにすべきですし、その際には、障害が業務上不都合ではないことをアピールする必要があります。

 

就職後のデメリット

障害者枠で雇用された方については、元々その障害について周知はされるでしょうし、そもそも雇用条件が周囲の方とは異なることが多いですから、デメリットと言えば昇進などがあまり望めないことくらいではないでしょうか。

 

勿論これは、本人の障害の程度やはたらきにより異なるため、一概には言えません。

 

一般枠の方で問題になるのは、周囲の方と雇用条件が同じであるにも関わらず、なんらかの配慮が必要である場合があるということです。例えば、体調不良で休むことが多かったり、残業があまりできない等の問題です。また、周囲の方に十分に周知されない場合もあります。

 

そういったことも加味しながら、障害者枠なのか一般枠なのかを考える必要もあるでしょう。

スポンサーリンク