障害者控除が関わる税金について

障害者控除が関わる税金について

障害者控除が関わる税金について

障害者の認定をされ、障害者手帳をお持ちの方には、税金面での控除があります。

 

控除される税金とはどういったものがあるのでしょうか。

 

ここでは、そういった税金について概要をご説明していきます。

 

障害者控除が関わる税金

税金にはさまざまな種類があります。その税金の計算をするときに障害者手帳をお持ちの方は「障害者控除」というものが適用され、健常者の方よりも控除される額が多くなります。

 

そのため障害者控除のある方は、通常の場合よりも課税する額が少なくなるのです。

 

その他、非課税とされている税金もあります。

 

所得税、住民税

所得税と住民税は、どちらも所得から計算される税金です。通常の方でも、控除額はありますが、障害者の方だとその控除額は上乗せされます。

 

また、障害者を扶養している場合にも、一定の障害者控除が存在します。

 

相続税

相続人が障害者の場合、85歳になるまでの年数1年あたり10万円が障害者控除となります。特別障害者の場合は20万円となり、更に控除額が多くなります。

 

特別障害者とは、重度の障害者のことです。障害者手帳の種類により、「重度」とされる等級は異なります。

 

その他の税金

自動車に関わる税金では、自動車税・自動車取得税・軽自動車税が減免とされます。自動車税と自動車取得税には上限があります。

 

ただし、税金が減免されるのは、1人の障害者につき1台の車までとなっています。

 

これらは地方に納める税金となっていますので、詳細は地域の窓口に問い合わせをしてみましょう。

 

また、重度の視力障害者の方では、ある特定の医業に関する事業のみ、個人事業税が非課税となる場合があります。

 

その他、障害者の方々は贈与税や少額貯蓄の利子にかかる税金などが非課税になります。

スポンサーリンク