障害者手帳と所得税控除

障害者手帳と所得税控除

障害者手帳と所得税控除

障害者手帳をお持ちの方が仕事をする場合、また障害者手帳を持っている方を扶養している場合、所得税が通常よりも少なくなります。

 

ここでは、障害者と所得税についてご紹介していきましょう。

 

所得税における障害者控除について

所得税は、年間の総所得を元に計算される税金です。その明細を見た時に、どなたでも「控除」という項目がありますが、障害者本人、又は障害者を扶養している方には、「障害者控除」という項目も存在します。

 

つまり、税金を計算する時に元となる金額が、その控除分通常の場合よりも少なくなるのです。

 

障害者控除の額について

障害者本人の所得税の場合、控除額は27万円となっています。ただし、特別障害者に該当する方については、40万円と額が多くなります。特別障害者とは、重度の障害を持つ方々のことです。身体障害者の場合だと、手帳の等級が1級・2級の方となります。

 

また、障害者を扶養している場合も障害者1人当たり同額の控除を受けることができます。ただし、同居特別障害者の場合は控除額が75万円と高額になります。

 

所得税の障害者控除の受け方

障害者控除を受けようと思う場合は、どのように申請を行えばいいのでしょうか。

 

企業などで働いている方の場合は、本人、若しくは扶養している家族の障害者手帳を雇用主に提示し、「扶養控除等(異動)申告書」というものの、障害者記入欄に記入をします。確定申告時にも確定申告書に記入する部分があります。

 

これを知らずに申請を忘れてしまうと障害者控除を受けることができません。自分や家族が障害者になってしまったときには、必ず雇用主に届出をしましょう。

 

また、会社などにお勤めではない個人事業主の場合でも、同様の控除を受けることが出来ます。その際には、確定申告時に一緒に申請をするようになります。

スポンサーリンク