各種交通機関の障害者割引

各種交通機関の障害者割引

各種交通機関の障害者割引

障害者手帳を持っていると、公共交通機関を使用する場合に割引を受けることが出来ます。この割引はお住まいの地域だけではなく、全国で手帳を提示することで適用されるとても有り難いサービスの1つです。

 

また、各自治体毎に行っている独自のサービスも存在します。

 

ここでは、さまざまな公共交通機関の障害者割引についてその概要をご紹介していきます。

 

どんな交通機関で割引があるか

公共交通機関であれば、どんなものでも割引がある可能性が高いです。その為、ご旅行などをされる場合は、必ず障害者手帳を持ち歩くようにしましょう。

 

割引についての内容はその交通機関により異なります。どんな交通機関を使用する場合でも、切符を買う際に一度窓口で問い合わせるようにしましょう。

 

一番よくある割引率は半額です。高速バスや路線バス、電車賃などで目にすることが多いでしょう。

 

同伴の方1名まで割引が適用されることもあります。

 

割引率に関しては、障害者用の運賃を設定している路線やバス会社も存在しています。

 

飛行機の割引率も会社により異なります。

 

公共交通機関で割引を使用する際の注意点

公共交通機関で障害者割引を受ける場合、障害者手帳を一緒に持ち歩くことは必須条件となります。また、障害者の方は、乗務員の方に手帳の提示を求められた際には、それに応じる義務があります。

 

これは、健常者の方による不正な障害者割引の使用を防ぐためです。

 

また、この障害者割引を悪用する方がいることも忘れてはいけません。遭遇する確率はとても低いとは思いますが、障害者手帳を不正に手に入れることで割引を受けようとする人もいることを覚えておきましょう。

 

手帳の管理は十分に気をつけるようにして下さい。切符を見ると障害者割引が適用されていると解る切符の場合は、みだりに切符を出しっ放しにしないように心得ましょう。

スポンサーリンク