障害者手帳と高速道路

障害者手帳と高速道路

障害者手帳と高速道路

障害者手帳を持っていると受けられる割引の中に、高速道路の通行料金があります。最近ではETCを使っている人が多いでしょうが、ETCの場合でも、この割引は適用されます。

 

ここでは、高速道路での障害者割引についてご紹介していきましょう。

 

高速道路の障害者割引制度

高速道路などの有料道路でも、障害者割引があります。この割引率は50%となっており、ETCを使用する場合でも通常通り料金を払う場合でも、適用される割引です。

 

対象となる車は、身体障害者の方が運転する車、若しくは、重度身体障害者、重度知的障害者の方が同乗していて、障害者以外の方が運転する車です。この割引を適用するためには、事前登録が必要となります。

 

事前登録方法

登録をするには、お住まいの市区町村の福祉担当窓口で手続きをする必要があります。割引を受けられるのは、障害者1人の方につき、1台までで、登録された車1台にしか割引は適用されません。

 

つまり、他の車で移動した場合は、障害者割引は適用不可となります。

 

登録時には、必要書類を申請書と一緒に提出します。車検証や免許証、ETCカードを使用する場合には、ETCカードの提示も必要です。

 

有効期限があるので、有効期限が過ぎる前に更新の手続きも必要となります。

 

また、車種にも条件があります。通常の自家用車であればほぼ問題ありませんが、登録の際、若しくは車を新しくご購入の際には、車種要件も調べておきましょう。

 

事業用、レンタカー、代車等は対象外となります。

 

利用方法

料金所で通行料金を支払う場合には、障害者手帳の必要事項が記入されたページを係員に提示します。自動料金支払機のついている場所では、係員を呼び出すボタンがありますので、それで係員を呼び出して下さい。

 

ETCカードの場合は、事前に登録したETCカードを、併せて登録したETC車載器に挿入することで、割引が適用されます。

スポンサーリンク