飛行機も障害者割引がある

飛行機も障害者割引がある

飛行機も障害者割引がある

航空会社でも各社それぞれ航空券に対して障害者割引制度を行っています。ただし、最近は航空券を随分前に購入する場合は、一般の方でもかなり航空券代が割引されることから、そちらの割引を使った方が安くなることが多いでしょう。

 

しかし、そういった割引を使用できない直前の予約には、とても助かる割引制度です。

 

ここでは、航空券における障害者割引について紹介しましょう。割引率については、利用する航空会社によって異なりますので、予約する際に確認してください。

 

適用条件

各社とも、身体障害者第1種の方と介護者1名、戦傷病者手帳・療育手帳に「航空割引・本人・介護者」の証明印が捺印のある方と介護者1名、身体障害者第2種の方(本人のみ)、戦傷病者手帳・療育手帳に「航空割引・本人」の証明印が捺印されている方に対して、障害者割引を行っています。

 

割引航空券の購入は、国内線カウンターでの航空券の購入、または各旅行会社の窓口で行えます。インターネット予約も可能ですが、会員登録などが必要になるでしょう。

 

航空券の障害者割引のある会社

JAL、ANAの日本の2大トップ航空会社でも勿論障害者割引があります。但し、割引率を考えると、早めの予約による割引の方がずっと安く購入できます。

 

他にも、スターフライヤー、フジドリームエアラインズ、スカイマークなど、通常の航空会社であれば基本的に障害者割引運賃が設定されています。

 

ただし、PeachやジェットスターなどのLCCについては、障害者割引運賃は設定されていません。ただし、車いすの預け入れは制限寸法を超えていても超過料金無しで預けれたりします。しかし、それも場合によりますので、詳細は利用する航空会社に確認しましょう。また、LCCであっても何かお手伝いが必要な障害者の方に対しても、対応してくれる場合もあります。

スポンサーリンク